『呪われたジェシカ』感想とイラスト 現代によみがえったマイナーホラーの傑作

映画『呪われたジェシカ』のイラスト

「ジェシカを死ぬほど怖がらせてやるぜ!」とノリノリのスタッフ、演者の皆さん。メンヘライジメもほどほどに。追い込まれたメンヘラは何をしでかすか予測不可能ですので。

スポンサーリンク

目次

『呪われたジェシカ』感想とイラスト 現代によみがえったマイナーホラーの傑作

  1. 作品データ
  2. 解説
    1. あらすじ
  3. 感想と評価/ネタバレ多少
    1. 嫌な空気が死ぬほど怖い
    2. 不安定さが生み出す恐怖
    3. すべてはジェシカ自身へと

作品データ

『呪われたジェシカ』
Let’s Scare Jessica to Death

  • 1971年/アメリカ/89分
  • 監督:ジョン・ハンコック
  • 脚本:ラルフ・ローズ/ノーマン・ジョナス
  • 撮影:ボブ・ボールドウィン
  • 音楽:オーヴィル・ストーバー
  • 出演:ゾーラ・ランパート/バートン・ヘイマン/ケヴィン・オコナー/マリクレア・コステロ

解説

メンヘラのジェシカさんが寄ってたかって死ぬほど怖い目に遭わされてしまう1970年代の隠れた傑作ホラーのひとつです。

監督は『カリフォルニア・ドリーミング』のジョン・ハンコック。といっても観たことありませんから。主演の方々も特に代表作はないようなのですけど、どっかで見たことがあるようなないような、まあどっちでもいいかって感じなわけであります。

あらすじ

精神を病んで長期入院していたジェシカ(ゾーラ・ランパート)。彼女は療養を兼ねて夫のダンカン(バートン・ヘイマン)と友人のウッディ(ケヴィン・オコナー)とともに、コネチカットの田舎町へと引っ越してきたのだ。

ところが引っ越し先の農場には、家出娘のエミリー(マリクレア・コステロ)がすでに住み着いていた。彼女の存在を快く受け入れ、しばらくのあいだ共同生活をすることになった4人。

しかしこのエミリーの存在が、排他的な町の空気が、奇妙な噂話がふたたびジェシカを追い込み、やがて彼女を現実なのか悪夢なのかわからない怪異な現象の渦へと巻き込んでいくのであった……。

感想と評価/ネタバレ多少

いちおう日本でも劇場公開はされたものの、その後は数回テレビ放映されただけで、DVDはおろかビデオすら発売されていなかった幻のホラー映画『呪われたジェシカ』。ずっと気になっておりました。

数年前にオンデマンドDVD化されたのですけど、このたびパラマウントの「甦る映画遺産」シリーズで廉価版が一般発売。同時にTSUTAYA発掘良品での取り扱いも始まり、このたび念願の初鑑賞と相成りました。ありがたや~。

嫌な空気が死ぬほど怖い

『Let’s Scare Jessica to Death(ジェシカを死ぬほど怖がらせよう)』という原題どおり、メンヘラのジェシカを徹底的にイジメ倒すなんとも意地悪な映画です。それはイコールこの手のホラー映画として非常に良質なあかしであり、最大の賛辞でもあるのですけど。

「これは夢?それとも悪夢?狂気か正気か、もう私にはわからない……」湖畔のボートでひとり遠くを見つめるジェシカのモノローグで幕を開ける本作。すでに嫌な空気が充満しております。この映画の最重要ポイントはこの「嫌な空気」にあります。

実は昨今のホラー映画のような直接的描写は数えるほどしかありません。あるのはひたすら漂う「嫌な空気」。それでも怖い。恐怖とは視覚的なものだけではなく、想像して、感じるものだということがよくわかりますね。

不安定さが生み出す恐怖

霊柩車、墓石のトレース、無愛想な老人、謎の少女、ロッキングチェア、ささやき声、古ぼけた写真、霧、音、音楽。どれも単体ではたいした意味をなさないが、見せ方、合わせ方、タイミングなどの工夫によって、得も言われぬ恐怖を作り出す。

町の排他的な老人のひとりが、夫の頭をペチッと叩いたときのなんとも言えない違和感と不気味さ。この老人がほとんど素人とおぼしき無表情演技なのもシュールすぎ。こういう何げないひとコマひとコマがとにかく怖いのです。

そしてこの映画における最大の恐怖ポイントは、メンタルに大きな問題を抱えている主人公ジェシカ自身にあります。彼女の心の不安定さを彼女自身、周囲の人間、そして我々観客も知っている。これがこの映画のミソ。

すべてはジェシカ自身へと

頭とお尻がつながった円環の構造をなした、主人公ジェシカの回想、彼女の主観的物語なわけですけど、その語り部であるジェシカの見たもの、聞いたもの、体験したことを、彼女自身もそうですけど、我々観客も信じることができないのです。

現実に起こった怪談話なのか?それともおそろしく手の込んだペテンなのか?はたまたすべてはジェシカの妄想なのか?「これは夢?それとも悪夢?狂気か正気か、もう私にはわからない……」という円環で曖昧に幕を閉じる本作。

しかしこの中途半端な曖昧さこそがこの映画の恐怖の正体。わからないからこそ怖い。答えがないからこそ怖い。ロマン・ポランスキーの名作『ローズマリーの赤ちゃん』、以前に紹介した『SF/ボディ・スナッチャー』とも通じる恐怖のかたちです。

前述した2作が明確なオチを用意していたのに対して、曖昧さを終始貫きとおしているのもよかったと思います。どのオチを選択していたとしても、きっと陳腐な映画になってしまっていたことでしょう。

主人公のジェシカを演じたゾーラ・ランパートの印象的な低音ボイスと痩身、ぎこちない笑顔に会話、危なっかしいメンヘラ女の迫真性も忘れがたい。とりわけ痛々しすぎる心の声がたまりません!

個人的評価:8/10点

関連映画の感想

こちらの記事もおすすめ

スポンサーリンク

Follow Me!

プッシュ通知でお手軽に更新情報をお届けいたします。

『呪われたジェシカ』感想とイラスト 現代によみがえったマイナーホラーの傑作
この記事をお届けした
映画を観たからイラスト描いたの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

コメント

  1. だんだん「自画像」が角ばってきましたね。

  2. スパイクロッド より:

    晴雨堂ミカエルさん、コメントありがとうございます!
    もともと柔らかい絵が描けないのですよ。
    昔はそれがコンプレックスでしたけど、
    いまはもうそれでもいいかなって感じです。
    っていうか、これでも丸くなったほうなんですよ♪

トップへ戻る