『回転』感想とイラスト 想像力はありますか?

映画『回転』のイラスト

グルグルグルグル回るのです。神と悪魔と人間が。生と死が。現実と妄想が。グルグルグルグル、グルグルグルグル。お願い!誰か止めてこの回転を!

スポンサーリンク

目次

『回転』感想とイラスト 想像力はありますか?

  1. 作品データ
  2. 解説
  3. あらすじ
  4. 感想と評価/ネタバレ有
  5. 答えのない不安
  6. 恐るべき子供たち
  7. 鉄板ゴシックホラー
  8. 答えはない。あるのは結果のみ
  9. ネタバレ全開の私的解説

作品データ

『回転』
The Innocents

1961年/イギリス/100分
監督:ジャック・クレイトン
原作:ヘンリー・ジェイムズ
脚本:ウィリアム・アーチボルド/トルーマン・カポーティ
撮影:フレディ・フランシス
音楽:ジョルジュ・オーリック
出演:デボラ・カー/マーティン・スティーヴンス/パメラ・フランクリン/メグス・ジェンキンス/マイケル・レッドグレーヴ

解説

幼い兄妹に取り憑いたかもしれない邪悪な幽霊と対決しようと必死のパッチを見せる年増家庭教師の奮闘を描いたゴシックホラー、心理サスペンスの傑作です。

監督は『華麗なるギャツビー』(1974)のジャック・クレイトン。原作はヘンリー・ジェイムズの『ねじの回転』で、『冷血』のトルーマン・カポーティが脚色を担当しております。

主演は『地上より永遠に』のデボラ・カー。共演は『長距離ランナーの孤独』のマイケル・レッドグレーヴ、『未知空間の恐怖 光る眼』のマーティン・スティーヴンス、『巨大生物の島』のパメラ・フランクリンなど。

あらすじ

ロンドンで暮らす大金持ちの男(マイケル・レッドグレーヴ)から、郊外の屋敷で暮らす甥と姪の家庭教師として採用されたミス・ギデンス(デボラ・カー)。男からの注文は、私の手を煩わせず、自分自身で問題を解決するようにとのことだった。

屋敷を訪れた彼女を待っていたのは、幼いフローラ(パメラ・フランクリン)と世話人のグロース夫人(メグス・ジェンキンス)。ほどなくして兄のマイルス(マーティン・スティーヴンス)が寄宿学校を退学させられ屋敷へと帰ってくる。

しばらくは平穏な日々が続いていたが、屋敷の中や外で不気味な人影を目撃するギデンス。それは以前ここで働いていた使用人と家庭教師の幽霊ではないかと疑い始めた彼女は、幼い兄妹を邪悪な幽霊から守ろうと決意するのだったが……。

感想と評価/ネタバレ有

ヘンリー・ジェイムズの『ねじの回転』を忠実に映像化したという本作。ゴシックホラー、心理サスペンスの傑作として知る人ぞ知る作品なものの、DVDは現在プレミア価格となっており、容易に鑑賞することができない幻の傑作でありました。

それがこのたび、毎度お世話になっているTSUTAYA発掘良品での取り扱いが始まったことにより、レンタル料金のみで安価に鑑賞できてしまうという歓喜の事態に。というわけで借りてきましたよ『回転』。ほなさっそく感想のほうをひとつ。

答えのない不安

脚本を担当したのはかのトルーマン・カポーティ。原作は未読なのでどのような改変が成されているのかは不明なものの、原作の雰囲気を壊さぬように配慮されているとのこと。つまりは単なるコケオドシではない謎めいた心理サスペンス。

あらすじだけなら単なる幽霊譚だと誤認してしまいそうだが、この映画における幽霊とは邪悪さの象徴、不吉さの兆しでしかない。結論から申してしまうと、結局のところ幽霊は本当にいたのかいなかったのか、最後の最後までわからないのだ。

この曖昧さが実はこの作品のミソ。何が現実で、何が妄想だったのか?何が正解で、何が間違っていたのか?そんな不確かさ、答えのない曖昧さがたまらず不安で恐ろしく、要するに噂にたがわぬ傑作だということです!ホンマに!

恐るべき子供たち

幼い兄妹の面倒を見るために、田舎の広大な屋敷へとやってきたガヴァネス(家庭教師)のミス・ギデンス。彼女が面倒を見ることになったマイルスとフローラの兄妹。彼らの無邪気な可憐さにはギデンスではなくても心奪われることだろう。

危ない意味ではなくてね。いや、実は危ない意味も含まれているのだけど、それはまた後述。この兄妹の可憐さに心奪われた彼女は、同時に彼らがときおり醸し出す不気味さと邪悪さも感じとってしまう。美しくも恐ろしい子供たち。

これを演じきったマーティン・スティーヴンスとパメラ・フランクリンの子役ふたりには戦慄ですな。ただ可憐なだけではない邪悪さ。したり顔の大人びた視線。無邪気な悪意。発狂する絶叫。怖いしムカつく。このクソガキどもが!

と、大人げない反応をしてしまうぐらいに迫真の演技。そんな可憐さの裏に邪悪さを隠した兄妹の後ろに、この屋敷に隠されたある秘密を嗅ぎとったギデンス。彼らを支配しているふたりの幽霊の存在。う~んゴシックホラー。

鉄板ゴシックホラー

豪華な衣装と広大な屋敷の美術。カルトホラーの監督としても知られるフレディ・フランシスによる陰影を効かせたモノクロ撮影。ときおり見せるパンフォーカス。ただたたずみ、こちらを覗き込んでいる幽霊。う~んゴシックホラー。

ゴシックホラーとしての美と醜、正と邪の表現もたいへん素晴らしい。ロウソクを手にゴージャスな寝巻に身を包み、深夜の屋敷を徘徊するデボラ・カーの姿などは、今年公開された『クリムゾン・ピーク』への影響もうかがえる。

邪悪な何か。闇にうごめく何か。そして確実に何かが起こりそうな不吉な予感。コケオドシとしてのゴシックホラー的面白さも十二分に兼ね備えてますな。しかしこの映画の醍醐味はやはり心理サスペンスとしての底知れぬ不気味さにあるのです。

答えはない。あるのは結果のみ

子供たちの幸せを願って、必死に、もう必死の形相で幽霊の魔の手から彼らを守ろうと獅子奮迅の活躍を見せるミス・ギデンス。この必死のパッチがひたすら恐ろしい。必死の形相で必死に暴れ回る、いや頑張る彼女の姿が必死に恐ろしい。

ここで効いてきているのが、子供たちは本当に邪悪なのか?幽霊は本当にいるのか?彼らは本当に幽霊に支配されているのか?という前述した曖昧さなわけですな。曖昧であるがゆえに、彼女の必死の頑張りは見方によっては狂気の暴走にも映る。

結局のところ幽霊が見えている、幽霊はいると主張しているのは彼女だけ。最後の最後まで彼女だけ。不安と恐怖と使命感に駆られる彼女。加速していく妄想?衝撃の現実?もう我々観客は彼女を信頼して見ることができない。疑惑の視線。

なんという曖昧さを凶器にした秀逸な心理スリラーだ!後半における彼女はもう完全に常軌を逸してしまっている。真実であろうが妄想であろうが、正義を遂行するための歪んだ使命感に憑かれた邪悪そのもの。彼女こそが邪悪さの正体であったのか!

そんな彼女の正義の暴走の果てに訪れるあまりに非情なラスト。恐ろしい。これは本当に恐ろしい映画だ!この最後に至っても真相は明らかにはされない。ただ非情な結果を提示するだけ。

何が現実で何が妄想だったのだろう?誰が正義で誰が悪だったのだろう?どれが正解でどれが間違いだったのだろう?答えは教えてくれない。我々はその非情な結果を提示されてただ打ちひしがれるのみ。必見です。こいつはホントに必見です!

ネタバレ全開の私的解説

ここからはネタバレ全開でこの映画が結局のところ何を描いていたのか?真実とはなんだったのか?を自分勝手に解釈、解説してみたいと思いますので、未見でネタバレを嫌う方はどうぞお引き取りを。それではボクのゲスな邪推をいざ開陳。

さっそく結論から申してしまいますと、これはババア、ではない売れ残り、いや行かず後家、もといオールドミス(死語?)の性的抑圧が見せた妄想ではなかろうかと邪推できます。このゲスな解答へと至るヒントはそこかしこに散見しております。

映画の冒頭で兄妹の叔父に見せる彼女の淡い恋心。ひそかにロマンスを期待している彼女と、実はまったく無関心な男との対比。ここで彼女は彼から「想像力はあるか?」と質問される。あります。あり余るぐらいあります。これが悲劇の始まり。

この映画の主人公ミス・ギデンスを演じたのはかのデボラ・カー。確かに美しいが撮影時の彼女は40歳。立派なババア、もといオールドミスである。前任のガヴァネスには「若い」という形容詞が付くが、彼女には付かない。つまりもう若くはない。

そんなもうすでに若くはないが厳格に自分を律している独身女性。しかし人並みの性的欲望や恋への憧れはある。おまけに想像力が豊か。そんな彼女が魅力的な中年男性と出会ったことにより、抑圧していたはずの性的欲求と想像力に火がついてしまう。

もうすでに説明の必要はないですね。この屋敷で行われていた淫らな行為は事実でしょう。その当事者である大人の男女と幼い兄妹との歪んだ関係も事実でしょう。では本当に幽霊は存在したのか?兄妹はその幽霊に支配されていたのか?

これに対する答えはやはり「不明」ではありますけど、その事実を知った彼女の想像力の暴走、抑圧されてきた性的欲求の歪んだ爆発が根底にある。事実を曲解して妄想を加速させ、自身の性的抑圧の裏返しとしての正義の執行。

性的抑圧を抱えるオールドミスは、魅力的な中年男性と出会ったことにより想像力を加速、屋敷で行われていた淫らな現実を知ったことによりさらに悶々、美少年への歪んだ愛情も相まって、現実とも妄想ともつかない狂気へと疾走していく。

これが最も辻褄の合う解釈ではないでしょうか?何?そんなもんは変態で倒錯したお前の妄想だと?確かにそうかもしれません。しかし答えを明かさない曖昧さをモットーとした映画なわけですから、解釈はこちらの自由です。変態にも自由を!

この話の前日譚を描いた『妖精たちの森』という映画もあるようですが、がぜん興味が湧いてきましたね。心配なのは監督がチャールズ・ブロンソンご用達のマイケル・ウィナーだということ。大丈夫か?

個人的評価:9/10点

関連映画の感想

こちらの記事もおすすめ

スポンサーリンク

Follow Me!

プッシュ通知でお手軽に更新情報をお届けいたします。

『回転』感想とイラスト 想像力はありますか?
この記事をお届けした
映画を観たからイラスト描いたの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

コメント

  1. ハリー より:

    こんにちは。
    観る人の視点で、随分見方が変わる作品ですね。
    ゴシックホラーと観るか、または、家庭教師の孤独と妄想と独善の果ての悲劇と観るか。
    二度楽しめるとも言えますが。

  2. スパイクロッド より:

    ハリーさんコメントありがとうございます!
    原作もどうやら曖昧なようですけど、映画版もやっぱり曖昧です。こういう曖昧さを娯楽として享受できる方にはたまらん傑作だとは思いますが、白黒つけなきゃ気がすまん方にはきっと向かないのでしょうね。単なるゴシックホラーのようであり、年増家庭教師の妄想のようでもあり、悪魔との闘い、神の不在を描いているようでもある。なんにせよ、傑作だということだけは確かです!

トップへ戻る