『テナント/恐怖を借りた男』感想とイラスト ポランスキーの変態性癖開陳映画

映画『テナント/恐怖を借りた男』ロマン・ポランスキーのイラスト(似顔絵)

変態を隠さない男、ロマン・ポランスキー。そんな彼が狂って女装して街中を逃げ回る映画。幻の怪作がついに初DVD化だ!変態のみんな!うれしいな!

スポンサーリンク

目次

『テナント/恐怖を借りた男』感想とイラスト ポランスキーの変態性癖開陳映画

  1. 作品データ
  2. 解説
    1. あらすじ
  3. 感想と評価/ネタバレ多少
    1. 狂気のアパート映画三冠王
    2. イメージの映画
    3. 主人公はポランスキーだった
    4. 『マクベス』を待ち焦がれて

作品データ

『テナント/恐怖を借りた男』
Le Locataire/The Tenant

  • 1976年/フランス・アメリカ/126分
  • 監督:ロマン・ポランスキー
  • 原作:ローラン・トポール
  • 脚本:ロマン・ポランスキー/ジェラール・ブラッシュ
  • 撮影:スヴェン・ニクヴィスト
  • 音楽:フィリップ・サルド
  • 出演:ロマン・ポランスキー/イザベル・アジャーニ/メルヴィン・ダグラス/シェリー・ウィンタース

解説

頭のおかしいポランスキーがさらにおかしくなっちゃう異常心理サスペンスです。原作は『ファンタスティック・プラネット』の脚本と作画で知られるローラン・トポールの『幻の下宿人』。

監督は『毛皮のヴィーナス』のロマン・ポランスキーで、ついでに脚本と主演も務めております。共演は『ポゼッション』のイザベル・アジャーニに、メルヴィン・ダグラスとシェリー・ウィンタースのベテランふたり。

残念ながら日本では劇場未公開に終わりましたが、このたびめでたく初DVD化されました。TSUTAYA発掘良品でも取り扱っております。『マクベス』のソフト化はいったいいつになるのでしょう?

あらすじ

パリの古ぼけたアパートに空き部屋を見つけた青年トレルコフスキー(ロマン・ポランスキー)。しかし無愛想な家主(メルヴィン・ダグラス)から前の住人がこの部屋の窓から飛び降り自殺を図った事実を聞かされる。

心配になったトレルコフスキーは一命を取り留めた彼女=シモーヌを見舞うのだが、彼女はとても話が聞ける状態ではなかった。そこで出会ったシモーヌの友人ステラ(イザベル・アジャーニ)とともに帰宅した彼は、アパートにひとつしかないトイレからこちらを凝視する視線を感じて不安にかられる。

そんな不安のなかで始まった新生活。口うるさい家主や無愛想な女管理人(シェリー・ウィンタース)、奇妙な隣人たちの存在は彼の悩みの種となり、いつしかトレルコフスキーの心はある被害妄想に取り憑かれていくのだった……。

感想と評価/ネタバレ多少

1969年の8月9日。チャールズ・マンソン率いるカルト教団によって妻シャロン・テートを惨殺されたポランスキーは、もともとおかしかった頭をさらにおかしくしていきました。

彼が最も狂っていた時代に撮られた映画。『マクベス』『チャイナタウン』『テス』、そしてこの『テナント/恐怖を借りた男』。念願の初鑑賞であります。

狂気のアパート映画三冠王

古びたアパートの一室を借りることになった男が、自殺した前の住人の幻影、ほかの住人たちとのトラブルの果てに、精神的バランスを失っていく姿を描いた心理スリラーなのですけど、想定以上に狂った面白さでしたね!

冒頭の名カメラマン、スヴェン・ニクヴィストによるアパートの全貌をスーッとなめていくカメラワークからして最高で、この時点ですでにもうただならぬ不穏な空気が渦巻いております。冷ややかに。しかし確実に。彼の見事な撮影技術がこの不気味な映画にもたらした恩恵は、計り知れないものがありますよね。

アパートを舞台とした心理的不安の映画といえば、『反撥』と『ローズマリーの赤ちゃん』という2本の傑作をすでに手にしているポランスキーですが、この作品も当然そこに仲間入りを果たし、見事に三冠王達成です。

しかもそこに『吸血鬼』的ユーモアも挿入されているわけですから、こりゃ面白くないわきゃありません!

イメージの映画

難解だとする向きもあるかもしれませんが、それ以上に不条理で不気味な雰囲気、要するにイメージの映画というわけですな。心理的緊張がマックスに達したとき、ゆがんで広がった空間描写なんてまさに悪夢的イメージの賜物です。

理解できるできないではなく、この悪夢的イメージに溺れることができるか否か?そういう映画ではないかと思います。

まあイメージの映画なのでわからないで当然だとさじを投げてしまっては芸がないので、足りない頭で解読に挑戦してみますと、要するにこれは『戦場のピアニスト』と同じポランスキーの言い訳映画だったのではないでしょうか?

主人公はポランスキーだった

覗き趣味や女装、マゾヒズムなどの性癖開陳。外国人ゆえの孤独感と疎外感。周囲の過干渉と無理解によって精神的崩壊をきたす小心者の男。これって絶対にポランスキー自身でしょ?

自分の変態は自分自身のせいではなく、環境が引き起こしたのであると。だから許してくれ、俺の変態を!ということだったのではないでしょうか?それゆえの自作自演。そりゃハマリ役ですわな。自分を演じておるわけですから。

もはや途中からポランスキー自身にも、そして我々観客にも、何が現実で何が妄想なのか区別がつかなくなってきて、恐怖と不安のなかで変態キ〇ガイ街道をフラフラさまよい歩き、よくわからないがひたすら恐ろしいラストへと到達し、絶望と狂気と歓喜の咆哮をあげるのです。

このラストに隠れている何やら暗いユーモアこそが、ポランスキーの天才で変態たるゆえんでありましょうな。

『マクベス』を待ち焦がれて

この翌年に、ジャック・ニコルソン邸で当時13歳の子役モデルと性的関係を結び、逮捕、実刑、トンズラをかましたというのは有名ですけど、それはまた別の話。でもこの事実からも、ポランスキーの変態ぶりの一端がうかがえるかと思います。

「ポランスキーが女装して逃げ回る映画」という押井守が著書で語っていた名言を目にして以来、いつかは観てみたい映画ランキングの上位に位置していたこの作品。こんなカルト映画をDVD化してくれるなんて、いい時代になったもんですね。

あとは『マクベス』のDVD化を残すのみ!お願いします!どっか出して!!

個人的評価:8/10点

『マクベス』出たぞ!

関連映画の感想

スポンサーリンク

Follow Me!

プッシュ通知でお手軽に更新情報をお届けいたします。

『テナント/恐怖を借りた男』感想とイラスト ポランスキーの変態性癖開陳映画
この記事をお届けした
映画を観たからイラスト描いたの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

コメント

  1. ゆきやまま より:

    これ、見てみたい~!
    原作も読んでみたいです。
    関係ないけど『ポゼッション』のアジャーニはすごかったですね…

  2. スパイクロッド より:

    ゆきやままさんコメントありがとうございます!
    原作はあの『ファンタスティック・プラネット』のローラン・トポールですからね!実はボクも未読ですけど、ぜひ読んでみたいです。映画の出来はもう変態ポランスキー全開!って感じで問答無用におすすめです!『ポゼッション』のイザベル・アジャーニの変態ぶりはもう強烈ですけど、この映画の彼女はメガネをかけたちょっと不思議ちゃんです。それはそれで魅力的でありますよ。

トップへ戻る