『白い肌の異常な夜』感想とイラスト イーストウッドのマゾヒズム

映画『白い肌の異常な夜』のイラスト

女の園に迷い込んだイケメン一匹。我が世の春よと浮かれておっては危険ぞな。最後の選択を誤れば貴兄には厳しい罰が下されるのだ……。

スポンサーリンク

目次

『白い肌の異常な夜』感想とイラスト イーストウッドのマゾヒズム

  1. 作品データ
  2. 解説
  3. あらすじ
  4. 感想と評価/ネタバレ多少
  5. アクションスターの変態性癖
  6. ズルい男と醜い女
  7. 醜悪さはやがて恐怖と化す
  8. マッチョが抱えるマゾヒズム
  9. 本当のドン・シーゲル

作品データ

『白い肌の異常な夜』
The Beguiled

1971年/アメリカ/105分
監督:ドナルド・シーゲル(ドン・シーゲル)
原作:トーマス・カリナン
脚本:ジョン・B・シェリー/グライムス・グライス
撮影:ブルース・サーティース
音楽:ラロ・シフリン
出演:クリント・イーストウッド/ジェラルディン・ペイジ/エリザベス・ハートマン/ジョー・アン・ハリス/パメリン・ファーディン

解説

お師匠さんに懇願して自身の暗くゆがんだマゾヒズムを充足させたのではないかといぶかってしまうサスペンス映画です。

監督は『突撃隊』の師匠ドン・シーゲル。主演は『アメリカン・スナイパー』の弟子クリント・イーストウッド。『マンハッタン無宿』『真昼の死闘』『ダーティ・ハリー』『ガントレット』と並ぶ師弟コンビものの一本です。

共演は『バウンティフルへの旅』でアカデミー主演女優賞を獲得したジェラルディン・ペイジをはじめとし、『いつか見た青い空』のエリザベス・ハートマン、『悪魔のワルツ』のパメリン・ファーディンなど。

あらすじ

南北戦争の末期。南部のとある森の中で、戦火を逃れて女性だけで自給自足の生活を送る女学院があった。そこへと運び込まれてきた、負傷して意識が朦朧とした北軍兵士ジョン・マクバーニー伍長(クリント・イーストウッド)。

学院長のマーサ(ジェラルディン・ペイジ)は敵軍兵士である彼の処遇に戸惑うものの、やはり見捨てることはできなかった。彼女たちの手厚い看病のおかげで、日に日に回復していくマクバーニー。

しかし彼の傷が癒えるとともに、女の園に紛れ込んだ異分子であるマクバーニー伍長の存在は、彼女たちの抑圧された欲望を刺激してしまうのであった……。

感想と評価/ネタバレ多少

この映画が公開された1971年はまさにイーストウッドにとっての転機だった。3月にこの『白い肌の異常な夜』、11月に監督デビュー作である『恐怖のメロディ』、そして12月に彼を一躍スターダムへと伸し上げた『ダーティ・ハリー』が公開される。

先鋒を務めた今回紹介させていただく『白い肌の異常な夜』は残念ながら興行的には惨敗でしたが、個人的にはこの師弟のフィルモグラフィでも非常に重要な位置を占める作品だと思っております。

なぜかって?それは異質であるがゆえにふたりの本質をついていると思うから。

アクションスターの変態性癖

男臭いB級アクションを得意とした職人ドン・シーゲル。時にマッチョとも揶揄されるアクションスターのクリント・イーストウッド。そんなふたりの男が撮った、性にまつわる怪しさムンムンのスリラー映画。

イーストウッド主演作には実はこの手の変態映画がチラホラと隠れておるのです。前述した彼の監督デビュー作である『恐怖のメロディ』をはじめとし、『荒野のストレンジャー』『ダーティ・ハリー4』『タイトロープ』『ルーキー』、もしかしたら『J・エドガー』なんかもその部類かも。

そんな彼の変態性、それは主にマゾヒズムと呼んでよいと思うのですけど、それが最も色濃く反映された最高傑作、それがこの師匠ドン・シーゲルとのコンビ作『白い肌の異常な夜』なわけです。

ズルい男と醜い女

外部から隔絶されて規範的生活を送る統制のとれた集団。そこに突如として紛れ込んでくる異物。それによる集団のほころびと、異物の運命を描いておるわけですけど、要約すると男のズルさと女の醜さと相成ります。

自らの保身のために嘘八百を並び立て、ごますりおべっか自己正当化。こりゃ脈ありと見るとすぐに下半身を張りきらせ、散々その気にさせといて結局は若いピチピチのお肌に吸いつき三昧。男ってバカな子供ですね。

そんなバカな男に乗せられて、抑圧されていた性欲を抑えられなくなり、出し抜き、裏切り、嫉妬に身悶えて我を忘れる女たち。これまで規律正しい禁欲生活を続けていただけに、いったんタガが外れるともはや歯止めが効きません。

そんなズルい男と醜い女が織りなす狂気の愛憎劇。男のズルさと下半身のだらしなさが招いた事態ではありますが、この映画の男は加害者であり被害者でもあるのですよね。同時に女も被害者であり加害者でもある。

醜悪さはやがて恐怖と化す

自分たちの気持ちを弄んだズルい男に対して醜い女たちが下す、血も凍るような恐怖の復讐劇。ズルい男は確かにここで完膚なきまでに断罪されておるのですけど、同時に嫉妬と復讐心に燃える女の醜さも暴露されているのです。

自分の不誠実は棚に上げて、女たちの行きすぎた断罪にブチギレて支配者気取りの男に下された女たちの最終結論は、見事なまでの手のひら返しで鮮やかの一言です。これはまた統制された集団の秩序維持のための自浄作用ともとれますよね。

すべての事を成し遂げたあとの、彼女たちのあっけらかんとした会話の恐ろしいこと恐ろしいこと。ついこないだまで「マクバーニー伍長L♥O♥V♥E♥」とかやってたくせに、いまやただの生活ゴミ扱い。醜いというか怖いはこりゃ。

マッチョが抱えるマゾヒズム

自らの不誠実が招いた結果として、女性たちからえげつない目に遭わされる男。この構図は同年公開の監督デビュー作『恐怖のメロディ』でも踏襲されております。『ルーキー』という映画でも女性に縛られて「キャー!」という目に遭う。

一部ではマッチョなアクションスターとして誤認されているイーストウッド。しかし彼の主演作と監督作をすべて観てみれば、そんな単純な人間ではない大きく深い闇を抱えた変態だということが理解できると思います。

そんな変態性を師匠の胸を借りて全開にしたのがこの『白い肌の異常な夜』。その変態性とは要約してしまうとマゾヒズム。一見するとマッチョとは真逆の性癖のような気もしますが、実はマッチョというイメージの裏返しなのかもしれません。

マッチョな自分、またはマッチョだと思われている自分のイメージゆえに、そんなイメージとは真逆ともいえるマゾヒズムに暗い欲望を悶々とさせている。それはもしかしたら師匠であるドン・シーゲルにしても同様なのかも。

本当のドン・シーゲル

ドン・シーゲルといえば男臭いB級アクションを得意とする職人監督。彼はそのイメージを甘んじて受け入れ、飄々とした軽やかさとスピードで安くて面白い映画を量産していったが、本当に撮りたかった映画はもしかしたら別にあったのかもしれない。

そのひとつがこの『白い肌の異常な夜』だったのではないだろうか?無駄を排除した的確な演出はいつもどおりだが、人間の表と裏を観念的ともいえる謎めいた演出で描き出した手法はかなり異質。

火照った女たちの心の声。マクバーニー伍長の不誠実さを暴くフラッシュバック。院長先生の辛抱たまらぬ性的妄想。影と鏡の巧みな使い方。これはもう娯楽映画というよりかは芸術映画の趣である。こういうところがアメリカよりもヨーロッパで評価されている所以でしょうな。

師匠ドン・シーゲル、弟子イーストウッドのフィルモグラフィでもかなり異質でマイナーな映画ではありますが、ただのアクション監督、ただのアクションスターではないふたりの本質が垣間見れる傑作だと個人的には思っております。

未見の方は機会がありましたらぜひともご鑑賞してみてください。男たるもの最後の最後に選択を誤ってはならぬということを痛感できますので。

個人的評価:9/10点

関連記事

スポンサーリンク

Follow Me!

プッシュ通知でお手軽に更新情報をお届けいたします。

『白い肌の異常な夜』感想とイラスト イーストウッドのマゾヒズム
この記事をお届けした
映画を観たからイラスト描いたの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

コメント

  1. バニーマン より:

    こんばんは。
    この映画の存在は知っていましたが、内容は今回初めて知りました。
    こんな内容だったんですね。
    題名からして、ちょっと変な映画とは思っていましたが・・・(^_^;)
    いやいや、内容を知ってますます興味が沸きました(笑)

  2. スパイクロッド より:

    バニーマンさんコメントありがとうございます!
    ドン・シーゲル監督、クリント・イーストウッド主演といえばやはり『ダーティ・ハリー』でして、この『白い肌の異常な夜』はマイナーな存在ですから。彼らのフィルモグラフィではかなり異質な部類で、好き嫌いも分かれるかとは思いますが、もっと再評価されてもいい隠れた傑作だと個人的には思っております。機会があったらぜひご鑑賞してみてください。

  3. koolhand より:

    この映画とても好きなんです
    はじめてみた時は日曜日の昼間に民放で流れたのですが、ラストの何事もなかったように過ごす女性の群集心理が暫く頭から離れませんでした
    最近見た、「荒野のストレンジャー」にも似た空気を感じていたので、今回の記事を読んで納得でした!

  4. スパイクロッド より:

    koolhandさんコメントありがとうございます!
    こんな映画を真昼間の民放で流すなんてなんとも勇気のある放送局です。っていうか昔はこういうけっこうやばい映画もけっこう流してたんですけどね。今ではとんとお見かけしません。『荒野のストレンジャー』もなんとも摩訶不思議な映画でありますけど、あれはイーストウッドという俳優がいかに死神であるかを描いた傑作のひとつだと思っております。『ダーティ・ハリー』も、『ペイルライダー』も、『許されざる者』も、み~んな死神です。

  5. 宵乃 より:

    こんにちは!
    こちらで記事をお見かけしてから、ずっと再見したいと思っていたんですよ。やっと観られました。
    いやはや、本当に隠れた名作ですよね。とくにエイミーの豹変ぶりにはゾ~っとしました。
    イーストウッドとドン・シーゲルのマゾヒズムを表しているという解釈が面白いです。そう考えてみると、自ら墓穴を掘りまくっている主人公にも納得。妄想シーンも楽しそうに演じていましたね~(笑)

  6. スパイクロッド より:

    宵乃さんコメントありがとうございます!
    再見なさったんですね。何度観ても面白い、素晴らしい映画だと思いますので、ボクの記事をきっかけにご覧になられたということで感激もひとしおです。残念ながらマイナー扱いですからね(笑)。エイミーのあの豹変ぶりは、あの年でもやはり「女」に変わりはないということですね。その扱いをイーストウッドは間違ってしまった。やっぱりくら~いマゾヒズムの映画だと思います。

トップへ戻る