コメディ

スポンサーリンク
コメディ

『ザ・スクエア 思いやりの聖域』感想とイラスト 猿の振り見て我が振り猿真似

映画『ザ・スクエア 思いやりの聖域』のイラスト付き感想。ネタバレ有。思いやりと信頼を掲げる芸術作品の理想を信じる男が犯した小さな悪事。そこから暴き出される現代社会の欺瞞は、彼を、この映画の登場人物すべてを、そして我々観客をも次々となぎ倒していく容赦なきブーメラン。
コメディ

『マンボーグ(日本劇場公開特別版)』感想とイラスト 金はなくとも映画愛

映画『マンボーグ』のイラスト付き感想。ネタバレ多少。あのトロマが認めたインディーズ映像制作集団“アストロン6”。彼らの名を一躍世界のボンクラどもへと叩きつけた傑作Z級映画『マンボーグ』。脳ミソ腐ってる奴らは必見だぞ!
コメディ

『パディントン2』感想とイラスト マナーがクマを作る

映画『パディントン2』のイラスト付き感想。ネタバレ多少。マナーをもって人と接する紳士なクマ、パディントンが帰ってきた!無数の膨れた死体が浮かぶ続編墓場へと乗り込んできた彼の選択は、はたして攻めか?守りなのか?
コメディ

『トッド・ソロンズの子犬物語』感想とイラスト 人生の滋養強壮

映画『トッド・ソロンズの子犬物語』のイラスト付き感想。ネタバレ多少。ラストで犬18指定の日常を見せつけてくる愛犬家地雷映画ですので皆さんご注意を。個人的評価:7/10点
コメディ

『彼女はパートタイムトラベラー』感想とイラスト 行け!行ってくれ~!

映画『彼女はパートタイムトラベラー』のイラスト付き感想。多少のネタバレ有。孤独な男女が運命的に出会ったとき、ついに止まっていた時間が動き出すのだ!個人的評価:8/10点
コメディ

『ナイスガイズ!』感想とイラスト 凸凹してないバディムービー

映画『ナイスガイズ!』のイラスト付き感想。ネタバレ無。ヘタレな私立探偵と、異形の示談屋。そんな凸凹バディのツッコミ役を担うのがおませな13歳、私立探偵の娘ホリー。なんか“アンガーリー・ライス”って名前もいいよな!
コメディ

『ゴーストバスターズ』(2016)感想とイラスト フェミ映画で何が悪い?

映画『ゴーストバスターズ』(2016)のイラスト付き感想。ネタバレ無。公開前からヘイト野郎どもの格好の餌食になってしまったリブート作。胸を張って言おうではないか「フェミニズム映画で何が悪い?」と。ただね、映画としてはね、ボクはね……。
コメディ

『帰ってきたヒトラー』感想とイラスト 総統閣下!私は支持…

映画『帰ってきたヒトラー』のイラスト付き感想。ネタバレ多少。あいつがついに帰ってくる。誰だって?あいつだよあいつ。It's判断力足らんかった西鉄嫌いでおっぱいぷる~んぷるんの柴田さんだよ。え?違うって?
コメディ

『ポランスキーの 欲望の館』感想とイラスト だから何?

映画『ポランスキーの 欲望の館』のイラスト付き感想。ネタバレ無。「Che?」「What?」「何?」。つまりはこういう映画だということ。皆さんに「だからなんやねん!?」とツッコミを入れてほしいわけ。あ!マゾヒズムか?
コメディ

『神様メール』感想とイラスト そんな神なら捨てちゃえば?

映画『神様メール』のイラスト付き感想。ネタバレ無。クズで怠惰で暴力的なリアル神様像。諸悪の根源は男である。っていうかこの神様はどっかで見たことあるぞ。そうか!『ありふれた事件』のクズ野郎じゃねーか!
コメディ

『パディントン』感想とイラスト たどりついたらいつも雨ふり

映画『パディントン』のイラスト付き感想。ネタバレ多少。っていうかパディントンってほぼ『男はつらいよ』の寅さんやん!なるほど。この映画に存在したそこはかとない哀愁はそういうことだったのか!さくら~~!