SF

スポンサーリンク
SF

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』感想とイラスト 世界の終わりと幕開け

映画『ジュラシック・ワールド2/炎の王国』のイラスト付き感想。ネタバレ有。性懲りもなく巻き起こる大量のバカと無数の穴による「またかいなぁ」案件。しかしこれは何かが違う。なんだこの怪奇趣味は?ちょっと待てどこまで行くつもりだ?貴様そこまで行ったらもう引き返せんぞ!まさか世界の終わりを!新世界の到来を!?
SF

『レディ・プレイヤー1』感想とイラスト 俺はマーク・ライランスで行く!

映画『レディ・プレイヤー1』のイラスト付き感想。ネタバレ多少。現実世界では夢も希望も消え失せた近未来を舞台に、高々と「俺は〇〇で行く!」と宣言したオタクの夢がかなう場所。監督もその夢にこっそり参戦していたのでしょう。「俺はマーク・ライランスで行く!」と。
SF

『パシフィック・リム:アップライジング』感想とイラスト やる気がねーならやめちまえ!

映画『パシフィック・リム:アップライジング』のイラスト付き感想。ネタバレ多少。巨大ロボットと怪獣がひたすら殴り合う神々しさにただただ涙した『パシフィック・リム』。ボクは今回その続編をついに観たのだ!確かに観たのだ!観たはずなのだ!「コレジャナイ」けど観ちまったんだ!
SF

『スキャナーズ』感想とイラスト 「僕たち」の勝利だ!

映画『スキャナーズ』のイラスト付き感想。ネタバレ有。科学の暴走によって生まれた悲運の超能力者たち。非情な運命によって戦うことを余儀なくされた彼ら。その勝敗の行方は我々の未来をも左右する。世界が変わる時。新人類の誕生じゃ!
SF

『フューリー』(1978)感想とイラスト 全部まとめて木っ端みじん

映画『フューリー』(1978)のイラスト付き感想。ネタバレ有。さらわれた息子を救うため、今日も親父はパンツいっちょで駆け巡る。愛する我が子を救うべく、ほかのすべてを犠牲にし、すべての意味を木っ端みじんに吹き飛ばすまで……。
SF

『デッドゾーン』感想とイラスト グッバイ、アイラブユー

映画『デッドゾーン』のイラスト付き感想。ネタバレ有。5年の歳月を、健康な体を、愛する女を奪われた男。代わりに彼に与えられたのは世界を救えるかもしれない千里眼。神様、僕に「死ね」と仰せなのですね?
SF

『ダークタワー』感想とイラスト おためし映画はうっすいのぉ

映画『ダークタワー』のイラスト付き感想。ネタバレ有。多元宇宙のバランスをつかさどる暗黒の塔。その均衡を崩そうとする者と守る者との長大な戦いの歴史。スティーヴン・キングのライフワーク。それを95分で描こうってかい!?
SF

『ジュピターズ・ムーン』感想とイラスト 奇跡を見上げる視線

映画『ジュピターズ・ムーン』のイラスト付き感想。ネタバレ有。ハンガリーに現れた空飛ぶスーパー難民。彼の奇跡を目撃した人々の視線が、やがてハンガリーを、ヨーロッパを、世界をゆるやかに回転させていくかもしれない希望……。
SF

『ラ・ジュテ』感想とイラスト 君に会いに行くよ

映画『ラ・ジュテ』のイラスト付き感想。ネタバレ有。送迎台(La Jetée)で脳裏に焼きついた忘れられないイメージ。時間を越え、男は記憶のなかの女とふたたび出会う。それは終わりの始まりであり、始まるための終わりでもあったのだ。
SF

『ブレードランナー 2049』感想とイラスト 絶望に咲く希望

映画『ブレードランナー 2049』のイラスト付き感想。ネタバレ有。誰もが期待よりも不安を抱えたであろうカルトSFの続編。しかしこれは紛れもない『ブレードランナー』であり、ぶっちぎりのヴィルヌーヴ映画でもあったのだ!
SF

『猿の惑星:聖戦記』感想とイラスト そして神話となった?

映画『猿の惑星:聖戦記』のイラスト付き感想。ネタバレ有。猿VS人類。地球での生存権、支配権をめぐって繰り広げられる「かも」しれない全面戦争。『猿の惑星』誕生の秘話がついに明かされるってか!?
SF

『イグジステンズ』感想とイラスト クローネンバーグ入門編

映画『イグジステンズ』のイラスト付き感想。ネタバレ多少。背中から始めて、脳でイク。ヴァーチャル映画の先駆者クローネンバーグが世紀末に放った進化論。何?もはや時代遅れだって?