『ダークレイン』感想とイラスト これがホントの斜め上

映画『ダークレイン』のイラスト
不気味な雨に行く手を阻まれ、辺境のバスステーションに閉じ込められた8人の男女。彼らを次々に襲う驚愕の、あまりに驚愕のメタモルフォーゼ。むさ苦しく画一化された無個性世界の誕生だ!

スポンサーリンク

作品情報

『ダークレイン』
Los Parecidos/The Similars

  • 2015年/メキシコ/90分
  • 監督・脚本:イサーク・エスバン
  • 撮影:イシ・サルファティ
  • 音楽:エディ・ラン
  • 出演:グスタフォ・サンチェス・パッラ/カサンドラ・シアンゲロッティ/ウンベルト・ブスト/フェルナンド・ベセリル/カルメン・ベアト

参考 Los Parecidos (2015) – IMDb

予告編動画

雨に潜む“何か”が外見も内面も変貌させる…メキシコ製スリラー『ダークレイン』予告編

解説

不気味な雨とともにやって来た「何か」によって、人里離れたバスステーションに閉じ込められた8人の男女を襲う驚愕の事態を描いた、メキシコ発の感染パニックスリラーです。「未体験ゾーンの映画たち2017」上映作品。

監督は『パラドクス』のイサーク・エスバン。出演は『CLONES クローンズ』のグスタフォ・サンチェス・パッラ、『ザ・ウォーター・ウォー』のカサンドラ・シアンゲロッティ、『キック・オーバー』のフェルナンド・ベセリル、『世界侵略2012』のウンベルト・ブストなど。

スポンサーリンク

感想と評価/ネタバレ多少

例のごとくDVD鑑賞となった「未体験ゾーンの映画たち」上映作品の『ダークレイン』。予想の斜め上を行く映画というのはこういうのを言うのでしょう。まったく予想だにしなかった驚愕の展開は爆笑に次ぐ爆笑で、「ネタバレ踏む前にとりあえず観なされ!」って話です。

これで今回の感想が終わったとしても別に不都合はないのですが、せっかく観たのだし、ホント抜群に面白かったので、もう少し書かせてください。未見の方にはぜひとも観てほしい怪作ですので、極力ネタバレなしで書いていきますので読み終わったら絶対観てね♡

新たなる感染パニック

往年の怪奇映画を彷彿とさせる音楽、タイトルデザインで幕を開ける本作。このレトロ感がオールドファンにはすでにたまりません。舞台は1968年のメキシコ。記録的な豪雨によって外界から隔離されたバスステーションに閉じ込められ、身動きできない8人の男女。

意図的に加工された色調はほとんどモノクロで、時代性とともに一種の異空間を演出する狙いがあったのでしょう。外の状況を伝えるのは電波の悪いラジオのみで、雑音交じりの放送のなか「これは普通の雨ではない…」などという不吉な情報がときおり流れてきます。

この辺境のバスステーションに閉じ込められた8人は、切符売りのマルティン、妻の出産が差し迫っているウリセス、夫から逃げてきた妊婦のイレーヌ、医学生のアルバロ、シャーマンらしき老婆、ここに住み込みで働くローザ、精神病をわずらう少年イグナシオと母ロベルタ。

何か見えない大きな力によってバスステーションに足止めを喰らっている8人。やがてマルティンが、そしてローザが謎の感染病らしき突然変異に見舞われ、そのあまりの異常性、現実感の喪失に恐慌をきたした8人は、とめどない疑心暗鬼にかられていき……。

とまあ低予算らしいよくある密室系感染パニック、疑心暗鬼スリラーなのですが、この映画がひたすら偉いところは、いったい何に感染し、どう変わってしまうのかという部分で明確な他作品との差別化を模索し、それを狂気のウルトラCによって見事に成し遂げた点にあります。

むさくるパンデミック

ある対象に対する全体の画一化。ゾンビなんかも無個性化、画一化、思想の統一のメタファーでもあるのですが、この『ダークレイン』はそれをさらに明確なかたちで推し進め、より視覚的、直接的にアイデンティティの喪失をひたすらむさ苦しく現出してみせたのです。

ただその個体だけを見ればただのむさ苦しい奴なのですが、感染が拡大してさらなる画一化が進むとありえないほどのむさ苦しさが皆の顔面を覆い、その規格外のむさ苦しさに思わず爆笑してしまうものの、笑い疲れたあとにはじんわりとした恐怖が襲ってくるあまりの不条理。

なるだけネタバレを避けながら観た人にだけはわかるように書いてみましたが、この狂気のむさくる感染アイデアを思いついた時点でこの作品はすでに勝利しているのです。ひたすら滑稽でありながら、その裏側でうごめく個の喪失には現実的恐怖を覚える狂気の笑い死に。

もうこのワンシチュエーション、ワンアイデアのみで大勝利を収めておりますので、その後の展開や大オチはお釣りみたいなもんです。こんなバカバカしくも恐ろしいむさくるパンデミックが拝めただけで、ボクはたいへん満足です。なんの不満もありゃしません。

グッジョブ!

抑えたモノクロのような色調、限定的な空間を巧みに活かした構図とカメラワーク、並んだ椅子と床のタイル、過剰に不安をあおる怪奇スコア、不条理へと放り込まれた人間たちの困惑混乱取っ組み合い、グラビアビフォーアフター、無垢で邪悪な魂、ウ~リセ~ス♪

特に括目していただきたいのはシャーマン婆さん。本当はスペイン語を話せるくせに韜晦して意味不明な言葉をわめき続け、不必要に観客を不安で不快に困惑させていたこのシャーマン婆さんが、中盤以降どのような姿で我々の目を楽しませてくれていたか。婆さんグッジョブ!

っていうかイサーク・エスバン監督、あんたグッジョブ!現代のジャンル映画はあんたのような頭のおかしい(褒め言葉です)アイデアマンにかかっておるのですぞ。未見だった過去作の『パラドクス』も観る予定だから、これからも予想の斜め上で張り切ってちょうだいな。

てなわけでネタバレ厳禁を課しながらなんとかしたためてきた今回の感想、これにて終了。ちょいちょい筆が滑っている部分はまあご愛敬ということで、これを読んで少しでもこの映画に興味をもち、観てみようと思ってくれる方がいることを切に願っております。

G指定ですのでグロ耐性のない方でも大丈夫だと思いますよ。各映画サイトのあらすじやポスターのイメージも無視してください。あんな映画ではありません。爆笑に次ぐ爆笑の果てに言い知れぬ恐怖を植えつけてくる、予想の斜め上行き映画なのですからこれは!

個人的評価:8/10点

DVD&Blu-ray

ダークレイン DVD
ルイス・アルベルティ

VOD・動画配信

『ダークレイン』が観られる動画配信サービスは ビデオマーケットのみです(2018年12月現在。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください)。

斜め上映画の感想ならこちらも

『イレブン・ミニッツ』感想とイラスト 俺たちゃ皆ハエのクソ
映画『イレブン・ミニッツ』のイラスト付き感想。ネタバレ多少。11人の登場人物が織りなす11分間の人生模様。彼らの運命がひとつに収斂されるとき、すべての謎が、意味が、啓示が放り投げられるのだ!群像サスペンス?んなもん知らねえよ!

衝撃の結末映画好きにおすすめ

どんでん返しだけじゃない!オチが凄い衝撃の結末映画20選
「オチが凄い!」「衝撃の結末!」「ラストの大どんでん返し!」などと紹介した時点で、それはもうすでにネタバレの一種だぞ貴様。と冷静にツッコむもうひとりの自分を無視して、ぬけぬけとまとめてしまったぞ!

コメント

  1. おーい生茶 より:

    これ、パケ写詐欺やろ(笑)
    パケ写と内容が全然ちがーう!!

    で、映画の感想はと言うとパラドクスと同じです。
    監督の発想は凄いけど語りの技術が未熟なのかな。

    しかし当作を見たことに後悔はしていません。
    今後ホームランを打ちそうな監督ですから。
    他の方が「ひとりMCU」と評していましたがそうかもしれません。
    個人的にはハリウッドのS級スターの男女優4人でミステリーを撮ればホームランが出そうな気がします。
    発想力は凄いけどヴィジュアルセンスは普通でしたから。

    いいレビュー記事を読ませていただきました。
    ありがとうございます。

    • おーい生茶さん、コメントありがとうございます!

      確かにパケ写詐欺ですね(笑)。それを言ったら『パラドクス』も同様ですけど。どちらも「誰やねんお前!?」って世界ですから(笑)。

      イサーク・エスバンという監督はアイデア一本勝負なところがあるので、それを支える脚本や演出の技術はまだまだ発展途上といったところでしょうか?でも確実に前作『パラドクス』よりは進歩していると思いますよ。本作の往年のオールドホラー的な味わいはなかなかのものがあったと思います。2018年には『Parallel』という新作も発表したようなので、早く日本に上陸してくるのが待ち遠しいですね。

      p.s. コメント入力画面における画像認証のバグの報告ありがとうございました。こちらではなかなか気づきようのないことなので助かりました。実は最近サーバーの移転を行い、それと同時にキャッシュ系のプラグインを導入してサイトの高速化を図ったのですが、どうやらそれがいけなかったようです。しかし問題の解決策は現状ではどうしようもないようなので、やむなく画像認証自体を外すこととなりました。外した途端にすべて英語のスパムコメントが大量にやって来たのには困りましたが(笑)。これもすでに対策済みですので、どうぞご心配なく。最近はそういうサーバーの移転やら本業の忙しさにかまけてブログ更新が滞っておりますが、そろそろ復活する目論見ですので、どうぞまた気軽にコメントしてやってくださいね。重ねてご報告ありがとうございました。

  2. おーい生茶 より:

    コメント投稿の修正の件ありがとうございました。
    ついでに報告しますが実は不自由な点がもう1つあります。
    スパイクロッドさんが新しい記事を投稿してもブログにうまく反映されていないことがあるのです。
    しかし、こちらは閲覧者側でブラウザのキャッシュを削除してから再訪問すると大抵は解決できます。
    僕が検索した限りでは、おそらくワードプレスの仕様によるものだと思います。

    さて、ダークレインですがコメント投稿後にアイデンティティー(2003)を鑑賞して驚きました。
    がっつりネタをいただいているではありませんか!
    いや、別にダメではないんです。ダークレインの方が僕は好きですから。
    それと教えていただいた「Parallel」の予告編を見ました。
    サンダンス映画祭GPのプライマー(2004)ぽいのかな?
    まあ、「ひとりMCU」要素があるのか含めて注目ですね。

    ブログ更新に関してはマイペースでやられた方がいいと思います。
    閲覧数や小遣い稼ぎでやると疲れるだけでしょうし。
    新作レビューをしつつ旧作や気鋭監督作をレビューしてくれると嬉しいですね。
    僕がどれだけスパイクロッドさんのブログを見て映画をレンタルしていることやら。
    きっとユーモラスな口調で映画を論理的に解説されているから好きなんでしょうね。
    映画内容よりレビュー記事の方が面白いことも多いですし。

    • おーい生茶さん、コメントありがとうございます!

      キャッシュはサイトを高速表示するのにはいい反面、何かと不具合が起きるのが難点ですね。また何かあったらどうぞお知らせください。できるだけ改善していきますので。

      ブログのほうはそうですね、マイペースに自分の書きたい映画を書きたいときに書きたいように書いてゆきたいと思います。いちおうこんなサイトの運営でもそれなりのお金はかかっているので、赤字にならない程度の収益は欲しいのですけど(笑)、そこを目的にしてしまったらきっと自分自身も、このブログ自体もつまらないものになってしまうでしょうしね。