スポンサーリンク
ホラー

『エボラ・シンドローム 悪魔の殺人ウィルス』感想とイラスト 人の姿をした人

映画『エボラ・シンドローム 悪魔の殺人ウィルス』のイラスト付き感想。ネタバレ無。俺が丹精込めて作ったアフリカン・バーガー。この世のものとは思えぬ味わい深さに空前絶後の大ヒットよ。その噂を聞きつけて例の巨大チェーン店がやって来たぜ。これで傾きかけたあの店も立て直すことだろうよ。ひひひひひひ。
コメディ

『パディントン』感想とイラスト たどりついたらいつも雨ふり

映画『パディントン』のイラスト付き感想。ネタバレ多少。っていうかパディントンってほぼ『男はつらいよ』の寅さんやん!なるほど。この映画に存在したそこはかとない哀愁はそういうことだったのか!さくら~~!
ドラマ

『フレンチアルプスで起きたこと』感想とイラスト 同じ穴のムジナ

映画『フレンチアルプスで起きたこと』のイラスト付き感想。ネタバレ有。雪の高級リゾート地で暴き出される我々の正体。誰だ笑っているのは?笑ってられるのかお前?押しつけられた「らしさ」の裏側にある「人間らしさ」。我ら皆、同じ穴のムジナよ。
ドラマ

『コブラ・ヴェルデ』感想とイラスト 狂気の天才たちの終着点

映画『コブラ・ヴェルデ』のイラスト付き感想。ネタバレ多少。「俺はコブラだ!」そんな戯言をほざいて槍をフガフガさせているおじさんには近づかないのが賢明です。「俺はスパイクロッドだ!」と奇妙な名前で変なブログを運営しているハゲ頭にも近づかないのが得策です。両者ともに狂っておりますから。
ドラマ

『BLUE MANHATAN II・黄昏のニューヨーク』感想とイラスト ピーピング・デ・ニーロ

映画『ロバート・デ・ニーロのブルーマンハッタン/BLUE MANHATAN II・黄昏のニューヨーク』のイラスト付き感想。ネタバレ有。覗きとはアートである。本のすき間から覗き。カメラ越しに覗き。街中で覗き。戦場でも覗く。戦争と覗きがイコールで結ばれたとき、彼の「ピープ・アート」はメディアを、アメリカを、戦争を覗き見る。
ドラマ

『コックファイター』感想とイラスト ロックな男の愛の告白

映画『コックファイター』のイラスト付き感想。ネタバレ有。闘う男は黙して語らないもんさ。それが女にモテる秘訣だぜ、あんた。見ただろ俺の婚約者。これから最高の「愛の告白」ってやつを拝ませてやるよ。
SF

『パシフィック・リム』感想とイラスト デル・トロ先生、愛してます…

映画『パシフィック・リム』のイラスト付き感想。ネタバレ有。怪獣と巨大ロボットとのリアルでド迫力などつき合い。そんな映画を現実に拝める日が来るなんてあなた想像してましたか?夢を現実にしてくれた男、ギレルモ・デル・トロ。私はあなたを、愛してます……。
おすすめ映画

スパイクロッドの2015年映画ベストテン

映画オタクにとっての年末恒例行事、年間ベストテン。これを出さねば今年が終わらぬ。年が越せぬ。というわけで、わたくしスパイクロッドが2015年に観た新作映画のベストテンをぬるりと発表いたします!
サスペンス

『真夜中のゆりかご』感想とイラスト 曇天模様の空の下

映画『真夜中のゆりかご』のイラスト付き感想。ネタバレ多少。世の男性諸君。ちょっとした失言で嫁が殴りかかってきたり、深夜に幼子を連れて散歩に出かけたりし出したら、気をつけましょう。それは何かのサインかも……。
ホラー

『パージ』感想とイラスト 祭りはハジけてなんぼです

映画『パージ』のイラスト付き感想。ネタバレ有。すべての悪行が合法となる待ちに待ったパージの日。その夜、俺の獣性が解き放たれる。貴様らでは想像もできないような悪魔の所業をお見せしよう。そう、それはつまり、『ホーム・アローン』!
アクション

『007 スペクター』感想とイラスト 過去からよみがえりし亡霊

映画『007 スペクター』のイラスト付き感想。ネタバレ有。「SPECTRE(Special Executive for Counter-intelligence, Terrorism, Revenge and Extortion)」=「対敵情報、テロ、復讐、強要のための特別機関」または「頭から離れない経験の心的表象、幽霊、変化、化け物」なんだってさ。
サスペンス

『誘拐の掟』感想とイラスト 赤頭巾ちゃんを救え!

映画『誘拐の掟』のイラスト付き感想。ネタバレ多少。呑んだくれるリーアム。無敵のリーアム。悲しそうな顔のリーアム。電話で凄むリーアム。いつかどこかで見たリーアムの姿。でも、肝心なところですっ転ぶリーアムは初めてかも?