名よりも実!マイナーでも面白いおすすめSF映画ランキング

ランキングもちょうど中盤へと差し掛かったところで、ここらでちょっと中休み。今回のおすすめマイナーSF映画ランキング20にはさまざまな理由で入らなかったものの、ぜひとも紹介したい選外SF映画を簡単ではありますがリストアップしたいと思います。

スポンサーリンク

休憩所/選外おすすめSF映画リスト

ボディ・スナッチャー/恐怖の街(1956)

宇宙からやって来た謎の侵略者によって静かに変わっていく田舎町の恐怖を描いた古典的SFスリラーの傑作。のちに3度もリメイクされたことからもわかるとおりプロットが秀逸なのですが、ドン・シーゲルによる無駄のない演出がめちゃくちゃ怖い同一原作最強作!

『ボディ・スナッチャー/恐怖の街』を配信している動画サービスは現在ありません。

ラ・ジュテ(1962)

ある記憶に取り憑かれた男の永劫回帰を、“フォトロマン”と呼ばれるスチール写真の連続で構成した異色短編SF映画。映画における動画の絶対権力を奪った先に開けるひとつひとつのコマの魅力。動かない映画によって心が動かされることもあるのだよ皆の衆。

『ラ・ジュテ』はU-NEXTビデオマーケットにて定額見放題です。

アンドロメダ…(1971)

未知の病原体への恐怖をひたすらリアルに、ドキュメンタリータッチで描いた地味SF映画の傑作のひとつ。華のない中年科学者どもがひたすら地下でしこしこ研究しているだけの映画がなぜにこうも面白いのか!地味SFが多いランキングですので泣く泣く削った逸品です。

『アンドロメダ…』はビデオマーケットにてレンタル視聴が可能です。

THX-1138(1971)

あらゆるものが管理された未来社会を舞台に、そのシステムから逸脱し始めた反乱分子の闘いを描いたディストピア映画です。アメリカン・ニュー・シネマ的SF映画というかなり実験的かつシュールな作品で、『スター・ウォーズ』以前のルーカスを知る貴重な資料かと。

『THX-1138』はU-NEXTにて定額見放題です。

サイレント・ランニング(1972)

宇宙ステーションでの植物栽培に人生をかけた男の暴走と孤独を描いた、エコロジカルSF映画という異色作です。現代にも通じるエコ思想の暴走が生み出すどうしようもない人間の孤独が痛々しいのですが、そんな彼を癒すドローンたちの健気さに涙するのは必至であります!

『サイレント・ランニング』はビデオマーケットにてレンタル視聴が可能です。

スローターハウス5(1972)

カート・ヴォネガットの同名小説を下敷きに、時間と空間を超越してさまようひとりの男の驚愕の人生を映し出した難解哲学SF映画です。無常な人生という時の流れに身を任す男の諦念と達観と楽観を映し出すめくるめく映像群。編集の妙ってのはつまりこういうことさ。

『スローターハウス5』を配信している動画サービスは現在ありません。

未来惑星ザルドス(1974)

未来惑星ザルドス DVD
ショーン・コネリー

一部のエリートによって支配された未来社会を舞台に、赤ふんどしのショーン・コネリーが濃厚に暴れ回るカルトSF映画です。不老不死のコミュニティに降臨した赤ふんショーン・コネリーの圧倒的なる生と性。人の一生を端的に表現したラストシーンは必見!

『未来惑星ザルドス』を配信している動画サービスは現在ありません。

カプリコン・1(1977)

カプリコン1 Blu-ray
エリオット・グールド

NASAによる「アポロ計画陰謀説」を下敷きとした、さまざまな要素を叩き込んだやたらめったら面白い極上SFサスペンスアクションです。職人ピーター・ハイアムズのエンタメ精神が炸裂した快作で、観てもらえればわかります。やたらめったら面白いの!

『カプリコン・1』を配信している動画サービスは現在ありません。

フューリー(1978)

超能力者であるがゆえに政府の秘密組織によって拉致された息子を救うため、パンツ一丁で決死の追跡を試みる父親の奮闘を描いたSFスリラーです。『キャリー』の姉妹編ともいえるデ・パルマ第2のサイキック映画はデタラメを大爆発によって帳消しにした怪作中の怪作!

『フューリー』はTSUTAYA TVにてレンタル視聴が可能です。

バンデッドQ(1981)

孤独な少年がクローゼットから現れた小人たちとともに体験する時空を超えた大冒険を描いたSFファンタジーです。一見すると王道ジュブナイルのようだが見かけに騙されちゃいけませんよ。ギリアムのブラック魂が炸裂した驚愕のラストには拍手喝采ですから!

『バンデッドQ』はU-NEXTにて定額見放題です。

ウォー・ゲーム(1983)

ウォー・ゲーム Blu-ray
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

無邪気なパソコン少年がアクセスした先はアメリカ国防省のスーパーコンピューターで、それによって第三次世界大戦の危機が訪れるという、時代先取りの佳作SFサスペンスです。いま観ると少々古臭くも感じますが、クライマックスの緊張感と結末は今でも絶品!

『ウォー・ゲーム』を配信している動画サービスは現在ありません。

最後の戦い(1983)

最後の戦い DVD
ピエール・ジョリヴェ

環境の激変によって荒廃した未来世界でひとりの女をめぐって繰り広げられる最後の戦いを描いたSFアクションです。セリフ皆無のモノクロ映像のなかで紡がれるベッソン若気の至り。まだギラギラしていた頃のベッソンが拝める実験的野心作ですよ。

『最後の戦い』はビデオマーケットにてレンタル視聴が可能です。

砂の惑星(1984)

フランク・ハーバートのSF大河小説『デューン』の映画化を、あろうことか稀代の変態デヴィッド・リンチに託してしまったというカルトSF映画です。ゆえに変態性爆発であり、ベタな物語をここまで奇怪なデザインで埋め尽くした世界観は変態のみ必見!

『砂の惑星』はプライム・ビデオにてレンタル視聴が可能です。

スペースバンパイア(1985)

スペースバンパイア Blu-ray
スティーブ・レイルズバック

ハレー彗星とともに地球へとやって来た、人の生命エネルギーを吸い取るスペースバンパイアの侵略を描いたSFパニック映画です。細かい話はどうだっていい。すべてはマチルダ・メイの出演シーンほほ全裸によって帳消しだ!それがすべてだ!これが映画だ!

『スペースバンパイア』を配信している動画サービスは現在ありません。

王立宇宙軍 オネアミスの翼(1987)

もうひとつの地球を舞台に、人類初の有人宇宙飛行を目指す若者たちの苦悩と闘いを描いたSFアニメーションです。もうひとつの地球、もうひとつの現実、もうひとつの俺たちを緻密に描き出した、平均年齢24歳のスタッフによるとんでもない超絶作画を観よ!

『王立宇宙軍 オネアミスの翼』はNetflixにて定額見放題です。

ヒドゥン(1987)

ヒドゥン DVD
カイル・マクラクラン

寄生エイリアン同士の戦いを、ジャンルごった煮精神によってひたすら面白く撮り上げたB級SF映画の傑作中の傑作。善悪ともにボケにボケ倒す寄生エイリアンによる真顔の大ボケ対決がたまらん快作で、これでカイル・マクラクラン沼にハマった人もきっと多いはず。

『ヒドゥン』はU-NEXTにて定額見放題です。

ゼイリブ(1988)

ゼイリブ Blu-ray
ロディ・パイパー

人間に擬態したエイリアンを見破るサングラスを手に入れた男の戦いを描いた、ジョン・カーペンターの傑作SFスリラーです。『ダーク・スター』を入れたので泣く泣く外した一本。サングラスをかけるかけないで延々と殴り合う大の大人がたまりません!

『ゼイリブ』はTSUTAYA TVにてレンタル視聴が可能です。

ティコ・ムーン(1996)

ティコ・ムーン DVD
ジュリー・デルピー

月面上に造られた都市を舞台に、20年前に行方不明になったティコ・ムーンという人物をめぐる争奪戦を描いたSFノワールです。そうとう込み入ったうえにもったりとした物語はアレですが、独特のビジュアル・色彩センスだけは必見!これだけでも観る価値あり!

『ティコ・ムーン』を配信している動画サービスは現在ありません。

イグジステンズ(1999)

イグジステンズ Blu-ray
ジェニファー・ジェイソン・リー

脊髄に開けた穴を介して端末とつながるVRゲームを舞台に繰り広げられる現実と虚構のカオスを描いたSFスリラーです。現実と虚構、人体の変容と融合、進化を突き詰めてきたクローネンバーグの集大成的作品は、とにかくグロテスクでエロティックなヴァーチャル落語。

『イグジステンズ』を配信している動画サービスは現在ありません。

スパイダー パニック!(2002)

スパイダー パニック! DVD
デイビッド・アークエット

アリゾナの田舎町を舞台に、産業廃棄物によって巨大化したクモによる大混乱を描いたSFモンスターパニックです。おバカなB級映画と侮るなかれ。エメリッヒが製作に名を連ねた意外と資金豊富な中規模作で、それでいてB級的面白さに振りきれた潔さが良い!

『スパイダー パニック!』はU-NEXTにて定額見放題です。

トゥモロー・ワールド(2006)

子供が誕生しなくなった終末世界を舞台に、最後の希望を守ることになった男の戦いと再生を描いたゼロ年代SF映画の金字塔です。絶望が蔓延しつつある世界に唯一残された希望の光を映し出す驚愕の長回し。そろそろこの作品もメジャーの仲間入りを果たしたかな?

『トゥモロー・ワールド』はU-NEXTNetflixにて定額見放題です。

スプライス(2008)

スプライス Blu-ray
エイドリアン・ブロディ

ある科学者夫婦が実験によって誕生させた人間と動物のハイブリッド生命体“ドレン”が巻き起こす混沌を描いたSFスリラーです。『CUBE』のヴィンチェンゾ・ナタリが放つ現代版『フランケンシュタイン』。ドレンの造形と胸糞悪さだけで元は取れちゃう気色悪さ!

『スプライス』はU-NEXTNetflixビデオマーケットにて定額見放題です。

アイアン・スカイ(2012)

月の裏側でひそかに生き残ったナチスドイツの残党が、ついに地球侵略に向けて動き出すというSFコメディ映画です。徹底的な悪ふざけ映画でありながら、その根底にはかなり辛辣かつ皮肉な視点も隠れており、つまりは単なるお気楽B級映画と侮るなかれ!

『アイアン・スカイ』はU-NEXTTSUTAYA TVビデオマーケットにて定額見放題です。

彼女はパートタイムトラベラー(2012)

タイムトラベルの同行者を求める男と、彼に潜入取材することになった新米女性記者との心の交流を描いたマイナーSFラブコメディです。ボクを含めたなかなか前へと進めないダメ人間にこそ観てほしい隠れた傑作で、ラストで必ずあなたはこぶしを振り上げることでしょう!

『彼女はパートタイムトラベラー』はNetflixにて定額見放題です。

パラドクス(2014)

パラドクス DVD
エルナン・メンドーサ

無限ループへと閉じ込められた人間たちの過酷な運命と驚愕の真相を描いたメキシコ発のSFスリラーです。非常階段と一本道で繰り広げられる考察好きにはたまらない怒涛の無間地獄。皆さま、イサーク・エスバンという監督の名をその脳裏にどうぞ刻み込んでください!

『パラドクス』を配信している動画サービスは現在ありません。

プリデスティネーション(2014)

凶悪な連続爆弾魔を追う時空警察のエージェントがたどるあまりに数奇な運命を描いたSFサスペンスです。「ネタバレ厳禁!」という文言だけですべてを理解してもらえるかな?タイムパラドクスものの新たな地平を切り開いた尾を食べる蛇なのですこれは!

『プリデスティネーション』はU-NEXTNetflixにて定額見放題です。

エクス・マキナ(2015)

エクス・マキナ Blu-ray
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

美しいAI(人工知能)の人間性についてテストすることになった青年の驚愕の体験を描いたSFスリラーです。コミュニケーションの限界か、技術的特異点か、はたまたジェンダー論かと足りない頭を悩ませた末に叩きつけられる、バカな男が夢見る幻想破壊に戦慄せよ!

『エクス・マキナ』はNetflixにて定額見放題です。

トゥモローランド(2015)

トゥモローランド MovieNEX
ジョージ・クルーニー

滅亡が危機が迫った地球を救うため、その鍵を握る謎の都市トゥモローランドを目指す少女と中年童貞の冒険を描いたSFアドベンチャーです。脚本的な問題点は確かに多いのだが、それ以上にブラッド・バートのセンス、演出力、何よりまさかのゴア描写をボクは推したい!

『トゥモローランド』はU-NEXTにてレンタル視聴が可能です。

ジュピターズ・ムーン(2017)

突然、空中を浮遊する能力を手にした難民の少年と、すべてを失った医師との決死の逃避行を描いたSFドラマです。この監督の癖としてやや生真面目な説教臭さは鼻につくものの、緩慢に、ぎこちなく、舞うように浮遊する奇跡の描写には目を奪われるばかり!

『ジュピターズ・ムーン』はU-NEXTにてレンタル視聴が可能です。

ザ・プレデター(2018)

三度地球へと姿を現した宇宙最強ハンター“プレデター”と、その脅威へと立ち向かうならず者特殊部隊員の一瞬の狂い咲きを描いたSFアクションホラーです。誰もが望んだ「プレデター道」を大きく踏み外しながら新たなる地平を切り開いた快作なんですぞこれは!

『ザ・プレデター』はU-NEXTにてレンタル視聴が可能です。
次のページは満を持しての「おすすめマイナーSF映画ベストテン」の発表です。隠れた傑作SF映画はまだまだこんなにあるのです!
おすすめ映画
スポンサーリンク
スパイクロッド

映画を観たらとりあえず感想とイラストを書く(描く)人畜無害な釘バット。ちなみにイラストはぺんてるの筆ペン一本によるアナログ描き。

スパイクロッドをフォローする
映画を観たからイラスト描いた

コメント

  1. ハリー より:

    こんばんわ。
    モキュメンタリーは大好物でして、「トロールハンター」は好きな作品です。
    どれだけホラ話の周りをリアリティーで固められるか?で、作品の良し悪しは大きく分かれますね。失敗すると目も当てられません。
    エンディングでの、特別ゲスト(?)は、なかなか日本では難しいでしょう(笑)

  2. スパイクロッド より:

    ハリーさんこちらにもコメントありがとうございます!
    ボクはモキュメンタリー映画は正直あまり好きではないのですけど、この『トロール・ハンター』のちゃんとしたリアリティの積み重ねには非常に好感がもてましたね。ホラ話だからふざけて作っていいわけではありませんから。普通の作品よりもいっそう丁寧に外堀を埋めないと。そういう意味ではラストの特別大物ゲストもそれに一役買っておりますよね。シャレがわかってらっしゃる(笑)。

  3.  私は「ダーク・スター」が一番のお気に入りです。あの作品は映画館で観るよりは自宅の狭い自室のパソコン画面で観るのに適しています。映画館よりも四畳半で観た方が臨場感がある稀有な映画です。「映画は映画館で観るべきだ」と偉そうに能書きたれる輩に観てほしい作品です。
     最後に船長代理を務めている人が念願かなってサーフィンやって流れ星になっていく映像は美しいですね。

  4. ダムダム人 より:

    中々渋い「ちょいす」ですね!
    見た作品も有れば、まったく知らない作品もあります。
    (これ全部お持ちになっているのですか?)
    「第8位 デス・レース2000年」は地元(旭川)でみました。
    この時、同時上映が「ザ・ディープ」でした。
    なんともお馬鹿な映画で「乾いた笑い」でした。
    第4位 ファンタスティック・プラネットは
    池袋のシネマロサ(だったかな?)で「イレーザーヘッド」と
    同時上映したのを見に行きました。
    (その後、水疱瘡に罹患したので、特に印象に残っています。)
    「第1位 スキャナーズ」は知人に頼んで
    「VHD(ご存知ないかも)」でソフトを買ってもらい
    それをテープにコピーしてもらいました。
    これも好きですが、何と言ってもやはり「ヴィデオ・ドローム」と
    「ザ・デッドゾーン」も捨てれません。
    ※「ザ・デッドゾーン」もいつか、感想を書いて欲しいです!!!

  5. スパイクロッド より:

    晴雨堂ミカエルさんコメントありがとうございます!
    「四畳半SF映画」。言いえて妙ですが、まさにそのとおりな稀有な傑作ですよね。この映画の主人公たちの居住スペースも小汚い部室みたいな狭さでしたし(笑)。貧乏臭いというか生活臭いというか、とにかくなんともいえない味わいが何度観てもたまりません。ボクはこの『ダーク・スター』を劇場で観たことがないので、逆に一度は大きなスクリーンで観てみたいですね。

  6. スパイクロッド より:

    ダムダム人さんコメントありがとうございます!
    ホントはもっと渋い「ちょいす」にしたかったのですけど、ボクではこれが限界でした(笑)。さすがにここであげた作品全部を所有しているわけではありません。『タンク・ガール』なんてはるか昔の深夜枠で一度観たきりです。でも忘れがたい。このたびようやく日本でもソフト化されるようですので、本当に喜ばしいかぎりです。観たことがなかったらぜひ今度お試しください。なかなかの隠れた逸品ですので。
    クローネンバーグの『デッドゾーン』はボクも大好きな一本ですので、近い将来にかならずこのブログに登場することでしょう。できればクローネンバーグの作品はすべてレビューしたいと思っておりますので。

  7. ハリー より:

    こんにちわ
    「モンスターズ」、僕も面白く観賞しました。
    地球侵略モノの定番は、ファーストコンタクト→開戦→大混乱→反撃、の流れですが、本作のように、「で、その後どうなった?」という作品は脚本・演出の腕の見せどころですね。非日常が日常化してしまった世界を描くのは意外と難しいと思います。
    まあ異星人に侵略されても、案外こんなもんかも?人はすぐ、慣れます(笑)

  8. スパイクロッド より:

    ハリーさんコメントありがとうございます!
    怪獣(エイリアン)によって蹂躙されたのちの世界。この視点がなかなか新しく、いわゆる普通の地球侵略ものではない珍味が楽しめるSF映画でしたよね。SF映画らしからぬSF映画というか。でもこれも結局、低予算ゆえの苦肉の策だったのかな?と今となっては思います。ギャレス・エドワーズが大抜擢されたハリウッド版の『ゴジラ』がなぁ……。

  9. マーフィ より:

    はじめまして。
    「ダークスター」の感想を検索していて通りすがりに偶然見かけた記事でしたが、面白く読ませていただきました。
    うれしいものの多い中、特に3位の「ニーチェの馬」が意外かつうれしかったので、思わずコメント書いてしまいました。私もあれ大好きです!
    実は最近までクローネンバーグを敬遠していて「ヴィデオドローム」を見てぶっ飛んだばかりなので、次は「スキャナーズ」を見ようと思います。ベスト5の記事も参考にさせていただきますね。

  10. スパイクロッド より:

    マーフィさんコメントありがとうございます!
    『ダーク・スター』からこの「おすすめSF映画」、そして我が心の師である「クローネンバーグベスト5」まで読んでいただいたということで、誠にありがたいかぎりであります!『ニーチェの馬』はこの手のSF映画ベストテンでは絶対にランクインしないだろうという考えのもと、ボクも大好きな映画ですのであえて上位に入れてみました。これを機に少しでもあのヘンテコリンな映画に触れてくれる人が増えるとこれまた誠にありがたい話であります。
    クローネンバーグの映画は癖が強すぎますので、敬遠されてる方はけっこうおられるでしょうね。でも観たら凄いんです!そしてハマったら抜け出せないんです!『ヴィデオドローム』なんてとんでもないスルメです!クローネンバーグ信者といたしましてはすべてがおすすめですが、中でも『スキャナーズ』はぜひとも観てほしい一本ですね。そして『クラッシュ』。っていうか全部(笑)。これを機にマーフィさんもどっぷりとクローネンバーグの世界に耽溺されることを期待しております。それではまたいつでも遊びにいらしてくださいね!

  11. 通りすがり より:

    B級映画の帝王、ロジャー・コーマンのフランケンシュタイン禁断の時空もぜひ見て欲しい

    • スパイクロッド spikerod より:

      通りすがりさん、コメントありがとうございます!

      『フランケンシュタイン/禁断の時空』。てっきりコーマン帝国の別監督が撮った作品かと思っていたら、ロジャー・コーマン自身が監督したのですね。しかも出演陣がジョン・ハート、ラウル・ジュリア、ブリジット・フォンダ、ジェイソン・パトリックとはまた豪華!ぜひ観てみたいと思います!と思ったらVHSオンリーではないですか~。こんな映画どこかDVD化してくれるのでしょうか?

  12. 猫騙 より:

    「スキャナーズ」と「ヒドゥン」以外見た事ないな。
    僕のオススメは「決死園SOS宇宙船」です。「サンダーバード」「謎の円盤UFO」を手がけたジュリアン・アンダーソンの傑作デス!

    • スパイクロッド スパイクロッド より:

      猫騙さん、こちらにもコメントありがとうございます!

      マイナーながら観て損はないSF映画を揃えたと自負しておりますので、気になる作品がありましたらぜひ観てみてください。ボクは『決死圏SOS宇宙船』なる映画は未見ですが、ジュリアン・アンダーソンが初めて人間を起用して撮影した作品のようですね。人間を人間らしく撮ったのか?それとも人間を人形のように撮ったのか?おおいに気になります!