良作

スポンサーリンク
アクション

『ザ・プレデター』感想とイラスト コレジャナイから面白い

映画『ザ・プレデター』のイラスト付き感想。ネタバレ多少。SF映画史上屈指の凶悪人気キャラクター“プレデター”ここに復活!みんなが観たかったあの雄姿、あの展開、あの死闘がついに復活………してない!こんなもんは俺が観たかった『プレデター』じゃない!コレジャナイ、コレジャナイけど、最高に面白いじゃねーか!
ホラー

『死霊館 エンフィールド事件』感想とイラスト ふたりも見つけたラッキーガール

映画『死霊館 エンフィールド事件』のイラスト付き感想。ネタバレ多少。史上最も長く観測された最も信憑性の高いポルターガイスト現象「エンフィールド事件」。これはその真と偽を問う映画であり、ひいては信と疑でもあり、その先に開けるのは信頼と絆と勇気、そして愛であり、おっさんはオイオイと泣くのであります。
ホラー

『死霊館』感想とイラスト 暗闇から手を叩こう

映画『死霊館』のイラスト付き感想。ネタバレ多少。実在する超常現象研究家夫婦が40年間も封印してきた戦慄の呪われた家。まあこれが実話かどうかは実際問題関係ない。大事なのは心意気。今の時代にどんなホラー映画を撮るかの心意気。その点に関してはもういよぉ~パンパン!
SF

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』感想とイラスト 世界の終わりと幕開け

映画『ジュラシック・ワールド2/炎の王国』のイラスト付き感想。ネタバレ有。性懲りもなく巻き起こる大量のバカと無数の穴による「またかいなぁ」案件。しかしこれは何かが違う。なんだこの怪奇趣味は?ちょっと待てどこまで行くつもりだ?貴様そこまで行ったらもう引き返せんぞ!まさか世界の終わりを!新世界の到来を!?
ホラー

『ジェーン・ドウの解剖』感想とイラスト 耳をすませばチリンチリン

映画『ジェーン・ドウの解剖』のイラスト付き感想。ネタバレ有。親子が営むモルグ(死体安置所)へと運び込まれた身元不明の全裸遺体ジェーン・ドウ。その体を切り刻み、内臓を吟味し、皮の裏側まで凝視し尽くした親子が見たものは、見てはいけない、開けてはいけないパンドラの箱……。
ドラマ

『ガン・ファイター』感想とイラスト 現実に殺される正直者

映画『ガン・ファイター』のイラスト付き感想。ネタバレ有。罪を背負ってメキシコへと逃れてきたお尋ね者と、彼を裁くため執拗に追い続ける保安官。ふたりは図らずも旅を共にし、同じ女を愛し、いつしか憎しみは消えたはずだったのだが、彼らには決定的な違いがあったのだ……。
サスペンス

『ボディ・ダブル』感想とイラスト 愛ゆえの電気ドリル女体貫通

映画『ボディ・ダブル』のイラスト付き感想。ネタバレ多少。人生負け続けた男が、覗き、ストーキング、下着泥棒の果てに揉みしだく勝利のビンカンビーチク。貴様ら良識派にはわかるまい!これが俺の!俺にとっての女の愛し方なのだ!
コメディ

『ザ・スクエア 思いやりの聖域』感想とイラスト 猿の振り見て我が振り猿真似

映画『ザ・スクエア 思いやりの聖域』のイラスト付き感想。ネタバレ有。思いやりと信頼を掲げる芸術作品の理想を信じる男が犯した小さな悪事。そこから暴き出される現代社会の欺瞞は、彼を、この映画の登場人物すべてを、そして我々観客をも次々となぎ倒していく容赦なきブーメラン。
SF

『レディ・プレイヤー1』感想とイラスト 俺はマーク・ライランスで行く!

映画『レディ・プレイヤー1』のイラスト付き感想。ネタバレ多少。現実世界では夢も希望も消え失せた近未来を舞台に、高々と「俺は〇〇で行く!」と宣言したオタクの夢がかなう場所。監督もその夢にこっそり参戦していたのでしょう。「俺はマーク・ライランスで行く!」と。
ホラー

『暗闇にベルが鳴る』感想とイラスト すべてはここから始まった?

映画『暗闇にベルが鳴る』のイラスト付き感想。ネタバレ多少。聖なる夜に浮かれた女子寮で巻き起こる恐怖の惨劇。ベタだって?ああベタだよ。しかしすべてはここから始まったと言っても過言ではない絶叫への試行錯誤がここにはあるのだよ!
サスペンス

『トレイン・ミッション』感想とイラスト プリンを捜せ!

映画『トレイン・ミッション』のイラスト付き感想。ネタバレ多少。住宅ローンを抱え、息子の大学受験を控え、定年間近で会社から首を宣告され、妻子を人質に取られた男に課せられた過酷なミッション「プリンを捜せ」。妻子の命とプリンが等価だなんてなんとご無体な!
ドラマ

『抵抗(レジスタンス)-死刑囚の手記より-』感想とイラスト 面倒臭いリアリズム

映画『抵抗(レジスタンス)-死刑囚の手記より-』のイラスト付き感想。ネタバレ有。ナチス・ドイツに捕らえられたひとりの男。彼は静かに、無表情で、淡々と脱獄への準備を日々重ねていく。そんな反復行為が浮かび上がらすのは抵抗、抵抗への面倒臭いリアリズム!